母子感染を知っていますか?

細菌やウイルスなどの微生物が原因となって発症する病気を「感染症」といい、その微生物がお母さんから赤ちゃんに感染することを「母子感染」と言います。妊娠前から元々その微生物を持っているお母さんもいれば、妊娠中に感染するお母さんもいます。

「母子感染」は、感染時期と感染経路によって以下の3つに分類されます。

(1) 胎内感染・・・赤ちゃんがお腹の中で感染する

(2) 産道感染・・・分娩が始まって産道を通る時に感染する

(3) 母乳感染・・・母乳によって感染する

妊婦健康診査で検査が行われるものもあるので、きちんと受診しましょう。

また、日頃から感染症の理解を深めると共に、手洗いやうがいなどの感染予防に努めましょう。

 

風しんウイルス

妊娠初期に感染し、胎児に感染すると、白内障、先天性心疾患、難聴などの障害がある赤ちゃんが生まれることがあります。風しんの抗体検査を受けて免疫がない場合は、風しんにかかっている可能性のある人との接触は可能な限り避けましょう。また、免疫のない家族には、予防接種を受けてもらうようにしましょう。

麻しんウイルス

妊娠中に感染し、胎児に感染すると、流産や早産の原因となることがあります。地域で麻しんの流行がみられた場合は、なるべく外出を控えるなど、感染しないように注意しましょう。

水痘・帯状疱疹ウイルス

水痘(水疱瘡(みずぼうそう))や帯状疱疹の原因となるウイルスです。ほとんどの人が免疫を持っており、妊婦が発症することはまれです。しかし、妊婦が水痘を発症すると、水痘肺炎を発症する危険があります。また分娩前後に水痘を発症した場合は、新生児に感染する確率が高いと言われています。

梅毒トレポネーマ

梅毒の原因となる細菌です。妊娠中に感染し、胎児に感染すると、流産や早産、死産の原因になることがあります。また、治療を受けていない場合などに、赤ちゃんの神経や骨などに異常をきたす先天梅毒を発症することがあります。

B型肝炎ウイルス

赤ちゃんに感染しても多くは無症状ですが、まれに、乳児期に重い肝炎を起こすことがあります。将来、肝炎、肝硬変、肝がんになることがあります。妊婦がB型肝炎ウイルスを持っている場合、産まれてきた赤ちゃんにワクチンを接種することで感染を予防します。

C型肝炎ウイルス

赤ちゃんに感染しても多くは無症状ですが、将来、肝炎、肝硬変、肝がんになることがあります。

 

※詳しくは、以下のホームページをご覧ください。

厚生労働省(妊娠と感染症):

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-hoken/ninpu-03.html

国立感染症研究所(母子感染):

http://www.nih.go.jp/niid/ja/route/maternal.html

山口県感染症情報センター

http://kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp/jyoho/report2008/2008w_1.php?w=51